口笛吹きと犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

口笛吹きと犬』(くちぶえふきといぬ、The Whistler And His Dog )は、アメリカトロンボーン奏者アーサー・プライアー (Arthur Pryor作曲したオーケストラのための作品。プライアーの作品の中でも有名で、多く知られている。

概要[編集]

1905年に作曲されたが、詳しい作曲の動機は未だに不明である。しかしプライアーの少ない作品の中で、この作品だけが多く知られ、演奏されることが多い。なお、この作品のモデルは、プライアーが飼っていたロキシーという愛犬である。

日曜日の朝の公園、少年が現れて口笛を吹くと、遠くから駆け寄ってくる小犬の姿がある。少年と小犬はじゃれ合い、スキップしながら、少年と小犬が遠ざかって行く。という一場面を音楽で表現している。演奏時間は約2分。

関連[編集]

外部リンク[編集]