口前葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

口前葉(こうぜんよう・prostomium)というのは、環形動物など、体節制をもつ動物において、よりも前にある節である。一般に頭部としての役割を持っている。前口節、前口葉、頭葉と呼ばれることもある。

環形動物の場合[編集]

環形動物の場合、全身が体節に分かれ、体の先端に口がある。口を含む体節は囲口節(いこうせつ・peristomium)と呼ばれ、普通は付属肢を持たない。それよりも前にあるのが口前葉である。口前葉は不完全な体節のような形であり、通常は体節を数える場合には、これを含めない。トロコフォア幼生の上体部に由来する。

  • 多毛類では、いわゆるゴカイのようなものでは口前葉はよく発達し、眼点や感触手などの感覚器官を備えており、内部にはがある。体の先端部分に突き出しているが、口からを突出させるものでは、その上に乗ったような形になる。ケヤリムシのような定在性のものでは、口前葉そのものは退化的で、目立たない。その代わりに触手がよく発達し、房状などになって、呼吸濾過摂食のための器官となっている。
  • 貧毛類の場合、口前葉は一般に退化的である。フツウミミズなど日常的に目にするフトミミズ科のものでは明確な形が見られず、単に丸みを帯びた先端部というだけでのものであるが、テングミズミズミミズやトガリミズミミズなどの小型のミズミミズ類や、オヨギミミズ科には体の先端に吻状に突出した口前葉をもつ種がある。これらの多くは水生である。ミズミミズ科には頭部に眼を備えているものも多いが、それらはゴカイ類とは異なり、囲口節上にある。
  • ヒル類では、ほとんど確認できないほど退化している。
  • ユムシ動物は、独立した群として扱われるが、環形動物と類縁があるものと考えられる。その体には体節制が発達しない。しかし、口の先に突き出した吻が口前葉であると考えられている。柔軟で伸び縮みし、種によっては長く伸びて数十cmにも達する。目だった感覚器はなく、内側が繊毛粘液摂食に使われる。なお、一部の種ではこの部分を自切する。

節足動物の場合[編集]

節足動物の場合、単独の口前葉は存在せず、体の先端の体節は頭部である。頭部の下面に口が開いている。この頭部は、実際には複数の体節が融合して形成された合体節である。頭部の口より前の部分には、多くのもので触角や眼が備わっている。触角は口前葉の付属肢に由来するものと考えられている。触角は昆虫多足類では一対、甲殻類では二対、鋏角類では0である。したがって、少なくともその数だけの口前葉が含まれることが分かるが、実際にはそれ以上の数の口前葉が頭部に融合していると考えられている。

一般に、節足動物の頭部は複数の口前葉と囲口節、それに続く体節が融合していると考えられている。触角と眼は口前葉に、大顎などの口器は囲口節に続く体節の付属肢に由来するものとされる。