反応性愛着障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
反応性愛着障害
Mother-Child face to face.jpg
子どもは安定した愛着を発達させるために、繊細で反応的な養育者を必要とする。反応性愛着障害は、早期児童期における養育者に対する通常の愛着を形成することの失敗から生じる。
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学
ICD-10 F94.1, F94.2
ICD-9-CM 313.89
eMedicine ped/2646
MeSH D019962

反応性愛着障害(反応性愛着障害、: Reactive attachment disorder ; RAD)とは、人と目を合わせず抱きつく、養育者に近づいたり逃げたり逆らったりするなど、通常では見られない不安定で複雑な行動態様を示す愛着障害の一種である。これらは不安定で不適切な養育によって生じるものとされており、安定した養育環境に置かれるとほとんどの場合大きく改善され、この点において発達障害とは明確に区別される。反応性愛着障害は児童のその後に影響を与える可能性が深刻な、比較的珍しい障害として臨床文献に記載されている[1][2]反応性アタッチメント障害ともいう[3]

脚注[編集]

  1. ^ DSM-IV-TR (2000) American Psychiatric Association p. 129.
  2. ^ Schechter DS, Willheim E (July 2009). “Disturbances of attachment and parental psychopathology in early childhood”. Child and Adolescent Psychiatric Clinics of North America 18 (3): 665–86. doi:10.1016/j.chc.2009.03.001. PMC 2690512. PMID 19486844. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2690512. 
  3. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説”. コトバンク. 2018年1月4日閲覧。

関連項目[編集]