厳島内侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

厳島内侍(いつくしまのないじ)は、平安時代末期の厳島神社内侍(巫女)。平清盛の妾。御子姫君の母。

清盛の寵を受けて懐妊するが、清盛は懐妊中の厳島内侍を家人の平盛俊に妻として下げ渡した。長寛年(1164年)に生まれた女子は清盛が自分の娘として引き取り、のちに後白河法皇の後宮に入れている。

源平盛衰記』によれば、夫盛俊が一ノ谷の戦いで討ち死にした後、厳島内侍は鎌倉方の土肥実平の妾になったと伝えられる。

平家納経』は彼女の発願とする説もある(小林太市郎)。

参考文献[編集]