原薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原 薫(はら かおる、1928年 - )は、日本経済学者歴史学者法政大学名誉教授。専門は近現代日本経済史、特にインフレーション研究。神奈川県出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1951年:法政大学経済学部卒業
  • 1958年:同大学大学院社会科学研究科(経済学専攻)博士課程修了
  • 1978年:経済学博士(法政大学)

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本の戦後インフレーション』(法政大学出版局、1968年)
  • 『現代の通貨』(法政大学出版局、1990年)
  • 『わが国の現代インフレーション』(法政大学出版局、1991年)
  • 『戦後インフレーション 昭和20年代の日本経済』(八朔社、1997年)
  • 『現代インフレーションの諸問題 1985-99年の日本経済』(八朔社、2001年)
  • 『戦時インフレーション 昭和12~20年の日本経済』(桜井書店、2011年)

共著[編集]

  • 遠藤茂雄)『貨幣論概要』(法政大学出版局、1978年)
  • (遠藤茂雄)『現代通貨論』(法政大学出版局、1984年)

参考[編集]

  • 『戦時インフレーション 昭和12~20年の日本経済』