原猪作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原 猪作(はら いさく)は、明治時代牧師である。明治時代の名説教家と呼ばれた。

横浜ヘボン塾に通い、ヘンリー・ルーミスのバイブル・クラスに参加して、キリスト教に入信する。1874年(明治7年)7月15日にルーミスから洗礼を受ける。同年9月南小柿州吾らと共に18名で横浜第一長老教会(横浜指路教会)を組織した。

ヘボン塾がバラ塾になっても通学し続けた。そして、クリストファー・カロザース築地大学校に入学し、1877年(明治10年)に東京一致神学校が設立されると、石原保太郎田村直臣と共に転校した。一致神学校ではウィリアム・インブリー新約聖書釈義とイエス伝を通訳した。

カロザースの東京第一長老教会に所属し、1877年に数寄屋橋教会と芝教会に分離すると、数寄屋橋教会(巣鴨教会)に所属した。

1878年(明治11年)日本基督一致教会第4回中会で、神学生12名と共に教師試験を受け、全員に免状が与えられ、原も伝道師准允された。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年