南梅吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南 梅吉(みなみ うめきち、1877年5月10日 - 1947年10月24日)は、日本社会運動家で全国水平社の初代委員長として知られる。

経歴[編集]

滋賀県蒲生郡桐原村(現近江八幡市)の農家に生まれた[1][2]1894年京都市上京区鷹野北町に移り化粧品製造に従事。1902年から部落改善運動(融和運動)に携わり、青年団を結成[1]。青年団長や村議会議員を務めた。

1922年全国水平社(全水)の初代委員長となり、京都の自宅に総本部が置かれた[3]。警視庁スパイとの親交を理由に、1924年12月勇退勧告処分を受け、委員長を辞任した[4][5]1926年の第5回大会で決議された新方針に反対し、全水を脱退。1927年1月5日、京都で日本水平社を結成した。

部落改善のため政治が重要と考え、1929年日本自由党、1930年立憲解放党、同年日本統一党を結成したが、すべて失敗に終わった[6]日本中国大陸進出が本格化する中、1934年国際水平運動を提唱した[7]

部落解放全国委員会結成3か月前の1945年12月、京都で人種解放同盟を創立した[7]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝治2010、p.55
  2. ^ 「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」鳥取ループ(取材・文)、『月刊同和と在日』2011年7月号
  3. ^ ツラッティ千本について、京都市
  4. ^ 朝治2010、p.49
  5. ^ 「南梅吉【みなみうめきち】」デジタル版日本人名大辞典+Plus
  6. ^ 朝治2010、p.50
  7. ^ a b 朝治2010、p.51
[ヘルプ]