南回公路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南回公路(なんがいこうろ)は、台湾南部の屏東県台東県の間を東西に走る省道の愛称で、台9線の一部である。

日本統治時代の1939年に「楓台路」と命名された。戦後[注 1]、道路名も「省道台9線」に改称し現在に至っている。地元での呼称は「南回公路」である。

南回公路には、広義と狭義、二つの意味がある。広義の南回公路は、屏東楓港から台東馬蘭までの区間を指す。 狭義の南回公路は、屏東楓港から台東達仁までの区間を指す。

1934年に建設が始まり、1939年に完成した。屏東楓港の省道台1線及び省道台26線との交差点を起点とし、新路丹路双流草埔寿峠(最高点は標高約500m)・森永安朔などを経て台東達仁の省道台26線との交差点に至る、全長約90kmの自動車道である。

注釈[編集]

  1. ^ 中華民国統治時代は「戦後」という略称を用いる。

参考文献[編集]