南原照也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南原 照也(みなみはら てるなり、1977年5月10日 - )は、日本の元競輪選手。千葉県浦安市出身。東京都立葛西工業高等学校から設計事務所の社長を経て日本競輪学校第93期卒業。日本競輪選手会千葉支部所属。師匠は鈴木栄司。初出走は2008年1月9日西武園競輪場

30歳デビューのオールドルーキー。年齢制限撤廃の恩恵を受けた内の一人である。

成績[編集]

93回生に適性試験で合格し、新人選手通信簿にも非常に高い身体能力を持っており将来は約束されていると評された南原だが、デビューしてから成績が振るわず悪戦苦闘の日々を送った。巨大掲示板2ちゃんねるの競輪板では、年齢や競走ぶりからたびたび話題に上がった。

2008年4月12日、A級チャレンジレースの一般戦とはいえ初の2着となり連に絡む。今までいじられるのみであった2ちゃんねるでも、徐々に応援する者が増加する傾向が見られた。

2008年9月22日前橋競輪場で開催されたA級チャレンジ一般戦(スポーツ報知杯)に於いて激しい競り合いの末、落車。意識不明のまま搬送され、頚椎の損傷で入院した。その後、復帰を目指すものの、怪我が完治することなく2009年7月16日に引退した。

身長176㎝体重86㎏ 血液型AB型

背筋力296㎏垂直飛82㎝

肺活量5600CC

keirin.jp選手プロフィールより

趣味・特技[編集]

ゴルフ

外部リンク[編集]