半疑問形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

半疑問形(はんぎもんけい)、または半クエスチョンとは日本語で、文節の末尾を上げて疑問形のような形にすることである。尻上がりイントネーション[1]とも。

日本語では1970年代に関東で発生し女性が使いはじめ急速に広まった[1]

英語などではこういった話し方は"uptalk"と呼ばれ、日常的で一般的なものである[2]アメリカ英語では若い男性と女性のどちらにも uptalk は使われるが、自信なさげな女性のステレオタイプとして信じられている[3]

効果[編集]

日本語では相手の知識の確認を求める意味で用いられる[4]

また、相手の注意を引く[4]、という効果が得られる。

それ以外には、断定を避けつつも強調する[4]もしくは感情を含ませつつ強調するという効果もある[要出典]

聞き手はこれらの効果の違いに関わらず、「かわいい」「甘えている」「押し付けがましい」といった印象を持つという調査結果もある。

起源[編集]

その他には栃木県茨城県の「尻上がり」と呼ばれる方言の一種(東関東方言)との関連性と結びつけた説もある[2]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 木部暢子竹田晃子田中ゆかり日高水穂三井はるみ 編著方言学入門 pp040-041[1] 2013年
  2. ^ a b 「日本語ウォッチング」、井上史雄著、岩波新書、1998年
  3. ^ A Female Senator Explains Why Uptalk Is Part of Women's 'Nature' Emma Green Jan 16, 2014
  4. ^ a b c 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「tsuda」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません