北野ミヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北野 ミヤ(きたの ミヤ、1912年1月12日[1] - 2004年4月23日[1][2])は、メジロ商事株式会社、有限会社メジロ牧場の元会長。長野県上田市生まれ[1]

メジロティターンの子で天皇賞を勝て」という夫・北野豊吉の遺言を受け、メジロ牧場を引き継ぐ。1991年には遺言どおりメジロティターンの仔・メジロマックイーン天皇賞(春)を勝った。そのほか1986年の牝馬三冠馬・メジロラモーヌメジロライアンメジロパーマーメジロドーベルメジロブライトなどGIホースを次々と生産。メジロ牧場の最盛期を築き、ファンや関係者からは「メジロのおばあちゃん」と呼ばれ親しまれたが「もう一頭のメジロに勝って欲しかった」(1990年の菊花賞で1番人気で3着に敗れたメジロライアンを指す)など歯に衣着せぬ発言をすることもあった。

1991年秋、メジロマックイーンが第104回天皇賞で進路妨害をして優勝が消えた時、競馬ファンに悲壮な表情を見せていた反面、レースの裁決委員の横柄な態度に対して激怒していた[3]。晩年は1961年、「髪の毛1本の差で負けた」メジロオーの2着以来の因縁が残る東京優駿(日本ダービー)制覇を目指したが叶わなかった。

2004年、肺炎のため[2]92歳で死去[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d メジロの北野ミヤ氏、死去” (日本語). netkeiba.com (2004年4月24日). 2012年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c 北野ミヤさん死去 メジロ牧場、メジロ商事会長” (日本語). 共同ニュース. 47NEWS (2004年4月24日). 2012年2月11日閲覧。
  3. ^ 競馬最強の法則 2010年11月号「メジロマックイーン降着事件」