浪岡顕村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北畠顕村から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
浪岡顕村
時代 安土桃山時代
生誕 弘治元年(1555年
死没 天正6年7月20日1578年8月23日)?
慶長9年(1604年)?
別名 具愛、浪岡御所、通称:三郎兵衛
戒名 直指院殿無外道珍大居士
氏族 浪岡氏
父母 父:浪岡具運
正室:安東愛季娘・慶松院[1]
浪岡顕佐
テンプレートを表示

浪岡 顕村(なみおか あきむら)は、安土桃山時代武将陸奥国浪岡城主。浪岡氏9代(最後の)当主。

略歴[編集]

浪岡具運の子として誕生。

川原御所の乱で父・具運が暗殺された後、叔父・顕範の後見を受けて家督を継いだ。しかし浪岡氏の勢力は衰える一方であり、天正6年(1578年)に津軽為信に本拠の浪岡城を攻め落とされる。この時捕らえられて自害させられた[2]とも、落ち延びて舅の安東愛季を頼り、慶長9年(1604年)に死去したとも言われている。

子孫は三春藩の秋田家に仕え、代々秋田の姓を名乗ったが、隠居や庶子は浪岡の姓を名乗ったという[3]三春浪岡氏)。

脚注[編集]

  1. ^ 三春町公式ホームページWeb資料館
  2. ^ 三春町公式ホームページWeb資料館
  3. ^ 三春町公式ホームページWeb資料館