北島城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
北島城
愛知県
城郭構造 平城
築城主 平経貞
築城年 文保年間(1317年-1319年
主な城主 平経貞飯尾尚清
廃城年 不明
遺構 土塁
指定文化財 なし
再建造物 なし
位置 北緯35度13分45.2秒東経136度47分53秒

北島城(きたじまじょう)は現在の愛知県稲沢市に存在した日本の城平城)である。

歴史[編集]

文保年間(1317年-1319年)に平経貞が築城した。平経貞前九年の役に参戦した経歴を持っている。 その後、織田信長家臣飯尾尚清居城になった。

現在[編集]

現在は工場、畑、宗形社になっており、この宗形社では平経貞守護神として祀っている。 少し離れた場所に、土塁が10mほど残されている。近くから古井戸が3つ発掘されたそうだが現在は残っていない。

アクセス[編集]

名古屋鉄道奥田駅から徒歩約20分

所在地[編集]

愛知県稲沢市北島町字城

関連項目[編集]