赤美潤一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
化野之民から転送)
移動先: 案内検索

赤美 潤一郎(あかよし じゅんいちろう)は、日本漫画家

元々創作同人でよく知られた存在であり、現在でもコミティアなどの同人誌即売会に参加している。商業誌では主としてスクウェア・エニックスで活動しており、この名義でのデビュー作は『妖幻の血』(読切版)とみなされる。冬目景沙村広明の影響を強く伺わせる絵柄を持ち、商業作品はほぼ全て伝奇・オカルト色の強い作風で一貫しているなど、マニアックな志向の強い作家であったため、元来対象年齢が低めである『月刊少年ガンガン』系の漫画家としては異色の存在とされた。

変名は暮崎冬人。過去にはライトノベルの挿絵も数点手掛けていた。

商業作品[編集]

外部リンク[編集]