化成郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
化成郡
位置
DPRK2006 Hambuk-Hwasong.PNG
各種表記
ハングル 화성군
漢字 化成郡
発音 ファソン=グン
ローマ字転写 Hwasŏng kun
テンプレートを表示

化成郡(ファソンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道に属する郡。旧名の明澗郡(ミョンガンぐん)の名で記されることもある。

地理[編集]

東は日本海に面するが、海側は七宝山から連なる山がちな地形であり、郡の中心部は内陸にある。北は明川郡、南は漁郎郡、西は吉州郡である。

行政区画[編集]

1邑・3労働者区・22里を管轄する。

  • 化成邑(ファソンウプ)
  • 極洞労働者区(ククトンロドンジャグ)
  • 良化労働者区(リャンファロドンジャグ)
  • 龍蟠労働者区(リョンバンロドンジャグ)
  • 古城里(コソンリ)
  • 広岩里(クァンアムリ)
  • 芹洞里(クンドンリ)
  • 龍徳里(リョンドンリ)
  • 龍洞里(リョンドンリ)
  • 立石里(リプソンリ)
  • 明南里(ミョンナムリ)
  • 白鹿里(ペンロンリ)
  • 富岩里(プアムリ)
  • 富禾里(プファリ)
  • 三浦里(サンポリ)
  • 上場里(サンジャンリ)
  • 新楊里(シニャンリ)
  • 楊川里(ヤンチョンリ)
  • 青龍里(チョンリョンリ)
  • 下雩里(ハウリ)
  • 下月里(ハウォルリ)
  • 下坪里(ハピョンリ)
  • 咸鎮里(ハムジンリ)
  • 湖南里(ホナムリ)
  • 虎山里(ホサンリ)
  • 花龍里(ファリョンリ)

歴史[編集]

植民地期までは明川郡の一部であった。1952年に新設された。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、咸鏡北道明川郡北面・下雩面・西面および東面・南面の各一部、鏡城郡漁郎面の一部地域をもって、永安郡を設置。永安郡に以下の邑・里が成立。(1邑29里)
    • 永安邑・下雩里・青龍里・富岩里・上場里・下月里・龍蟠里・龍徳里・富禾里・雄坪里・熊店里・下坪里・咸鎮里・極洞里・龍洞里・立石里・芹洞里・広岩里・三浦里・良化里・楊川里・湖南里・新楊里・花龍里・古城里・明南里・龍山里・白鹿里・虎山里・梨坪里
  • 1953年12月 - 立石里・明南里の境界線を調整。(1邑29里)
  • 1954年10月 (1邑28里)
    • 雄坪里が富禾里に編入。
    • 三浦里の一部が良化里に編入。
    • 良化里の一部が明川郡宝村里の一部と合併し、明川郡黄津里となる。
    • 龍洞里の一部が永安邑に編入。
  • 1959年2月 - 梨坪里が熊店里に編入。(1邑27里)
  • 1967年10月 - 永安郡が明澗郡に改称。(1邑25里)
    • 永安邑が明澗邑に改称。
    • 熊店里が富禾里に編入。
    • 龍山里が白鹿里に編入。
  • 1972年11月 - 龍蟠里が龍蟠労働者区に昇格。(1邑1労働者区24里)
  • 1981年2月 - 極洞里が極洞労働者区に昇格。(1邑2労働者区23里)
  • 1981年10月 - 明澗郡が化成郡に改称。(1邑2労働者区23里)
    • 明澗邑が化成邑に改称。
  • 2001年3月 - 良化里が良化労働者区に昇格。(1邑3労働者区22里)

交通[編集]

鉄道[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 함경북도 명간군 역사