勝手広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勝手広告(かってこうこく)とは、企業の許可なく個人が勝手に作成し、発表した広告風作品のこと。

概要[編集]

YouTubeなどの動画共有サイトを利用し、個人やクリエイターが思い思いに広告を制作、発表している。消費者が作った動画広告ということでも話題になっている。TVCMと違い、15秒30秒などの制限がなく、作品の時間はバラバラ。海外では許可を得ずに作った動画が話題になり、制作者が広告代理店に雇われたケースがある。

特徴[編集]

個人が無料で制作した広告なので、対象企業のコントロールが利かない。自由な表現で、既成概念に縛られないユニークな広告。

背景[編集]

勝手広告が次々生まれる背景には、撮影機材の高機能、低コスト化により、映像制作が簡単に家庭で行える環境の出現と、YouTubeなど、簡単に作品を発表できる機会があることなどが上げられる。バイラルCMの流れを汲むものとも考えられる。

関連[編集]

  • 「YouTube000521」[1]映画監督神酒大亮が主催。
  • 「YouTube katteqolp」[2](株)QOLP&(株)ロビンズが主催。
  • 「2ちゃんねる勝手広告」[3]けんすうさんが作ったオリジナル広告。
  • 「勝手広告アドマップ」[4]ケータイアプリを使用した勝手広告サイト。
  • 「コマーシャライザー」[5]コマーシャルが簡単に作れるサイト。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]