勘解由小路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

勘解由小路(かでのこうじ)は、京都にあった道の名前、また日本苗字である。

道の概要[編集]

現在の下立売通

苗字の概要[編集]

漢字5文字からなるこの苗字は、埼玉県存在する左衛門三郎と並び、日本では最長である。公家名字で、由来平安京の勘解由小路であり、室町時代に栄えた日野家分家である烏丸家の分家にあたる堂上家烏丸光広の次男勘解由小路資忠より始まる。明治以降は子爵として華族に列せられた。現在確認されているのは山口県に1軒のみ。

関連項目[編集]