加藤昌男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 昌男(かとう まさお、1943年2月25日 - )は、元NHKアナウンサー。現在は日本語センター専属。

人物[編集]

長野県出身。長野県長野高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒業後、1966年入局。初任地は鳥取[1]FMリクエストアワーを担当。その後東京アナウンス室、札幌、福岡、名古屋などでニュース、報道番組、教育問題、ことば番組などを担当。1996年徳島放送局長、1998年アナウンス室エグゼクティブアナウンサー、1999年日本語センターエグゼクティブアナウンサー。2006年日本語センター専門委員[2]。日本国語教育学会会員。

過去の担当番組[編集]

  • 明るい農村 「むらの遺作展」、1972年10月12日放送
  • スタジオ102リポーター
  • 長時間討論
  • 新日本紀行 「白き沙流川のほとりに」 ~北海道・日高~、1979年1月24日放送
  • NHKニュースワイド
  • きょうのニュース(ラジオ第1・1998年7月13日~1999年6月23日)
  • はなすきくよむ

脚注[編集]

  1. ^ 加藤 昌男”. web.archive.org (2000年10月12日). 2020年3月4日閲覧。
  2. ^ 次代を担う人材の育成を目指し全国に広がる交流活動 出張授業に役立つ「話しことば実践講座」