加藤博史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 博史(かとう ひろし、1949年 - )は、日本の社会福祉学者、龍谷大学短期大学部教授。

略歴[編集]

1972年同志社大学文学部社会福祉学科卒、1974年同大学院文学研究科修士課程修了。1999年「福祉的人間観の社会誌 優生思想と非行・精神病を通して」で博士(社会福祉学)。1972-86年精神科病院にソーシャルワーカー(精神保健福祉士)として勤務。1986年京都文教短期大学講師、1994年助教授を経て、1998年龍谷大学短期大学部教授となる[1]。龍谷大学人権問題研究委員会委員長、日本社会福祉学会機関誌編集委員、社会福祉法人京都光彩の会理事長、京都精神保健福祉施設協議会会長、京都市障害者施策推進審議会会長などを務める[2]

著書[編集]

  • 『成長のための人間関係 深層・家族・相談・連帯』晃洋書房 1991
  • 『ソーシャルワークの思想と実際 PSWの総合的展開』晃洋書房 1994
  • 『福祉的人間観の社会誌 優生思想と非行・精神病を通して』晃洋書房 1996
  • 『福祉哲学 人権・生活世界・非暴力の統合思想』晃洋書房 2008
  • 『共生原論 死の質,罪の赦し,可傷性からの問い』晃洋書房 2011
  • 『社会福祉の定義と価値の展開 万人の主権と多様性を活かし、格差最小の共生社会へ』[龍谷叢書] ミネルヴァ書房 2013

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ researchmap
  2. ^ 『社会福祉の定義と価値の展開』著者紹介