加藤全一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤全一
かとう ぜんいち
生年月日 (1942-02-08) 1942年2月8日(77歳)
出生地 新潟県岩船郡神林村(現・村上市
出身校 新潟県立村上桜ヶ丘高等学校卒業
所属政党 無所属

日本の旗 神林村長
当選回数 2回
在任期間 2003年4月1日 - 2008年4月27日
テンプレートを表示

加藤 全一(かとう ぜんいち、1942年2月8日 - )は、日本政治家。閉村までの新潟県神林村村長で、合併後の村上市市長職務執行者であった。

概要[編集]

  • 2003年、前村長の佐藤末吉から後続指名を受け、出馬。
  • 2003年・2007年とも無投票にて当選する。
  • 2003年での公約は、「農業振興・保育園統合・冬期間の通学バス運行」(実際に実現できたのは、通学バスのみ。)
  • 2006年に起きた新潟県神林村いじめ自殺事件の責任を取って2ヶ月分の給与20%を返納した。
  • 2008年4月27日の市長選挙で市長が選出されるまで、村上市の市長職務執行者を務めた。

略歴[編集]

以上神林村。
  • 市長職務執行者
以上村上市。

メディア出演[編集]

新聞[編集]

  • 「首長の抱負」(新潟日報2007年1月10日朝刊)

外部リンク[編集]

先代:
佐藤末吉
神林村長
2003 ‐2008
次代:
(閉村)