加藤修一 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かとう しゅういち
加藤 修一
生誕 (1946-04-07) 1946年4月7日
日本の旗 日本茨城県
国籍日本の旗 日本
教育学士(工学)
出身校東京電機大学工学部
職業実業家
活動期間1969年 -
著名な実績ケーズデンキ家電量販店大手に拡大

加藤 修一(かとう しゅういち、1946年4月7日 - )は日本の実業家。第2代ケーズホールディングス代表取締役社長、同社代表取締役会長兼最高経営責任者日本電気大型店協会副会長を務めた。その後、相談役を務める。

人物・経歴[編集]

茨城県ケーズホールディングス創業者加藤馨の長男として生まれる。1969年東京電機大学工学部電気通信工学科卒業後、加藤電機商会入社[1]。1973年代表取締役専務[2]。1982年から代表取締役社長を、2011年からは代表取締役会長兼CEOを務め[1]、「がんばらない経営」を標榜し[2]M&Aなどを進めてケーズホールディングを家電量販店大手に拡大させた。2016年相談役に退いた[3]。この間、2001年から4年間日本電気大型店協会副会長を務めた[2]

著書[編集]

  • 『すべては社員のために 「がんばらない経営」』かんき出版 2011年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
加藤馨
ケーズホールディングス(旧カトーデンキ販売)社長
第2代:1982年 - 2011年
次代:
遠藤裕之