加納天満宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加納天満宮
Kano Tenmangu01.jpg
所在地 岐阜県岐阜市加納天神町4-1
位置 北緯35度24分25.1秒
東経136度45分30.75秒
主祭神 菅原道真
社格 県社
創建 伝・1445年(文安2年)
例祭 10月第三土曜・日曜
テンプレートを表示

加納天満宮(かのうてんまんぐう)は、岐阜県岐阜市にある神社天満宮)である。旧県社。

沓井城の守護神であった。

かつて加納地区には9台の山車があったのだが、1台を除き太平洋戦争の戦災で焼失している。唯一残った山車「鞍馬車」は加納天満宮に保管され、岐阜市の有形重要民俗文化財に指定されている[1]

境内には、岐阜和傘を始めた松平光重をたたえる、「傘祖彰徳碑」がある。

祭神[編集]

沿革[編集]

  • 1445年文安2年):斎藤利永が沓井城を築城する。そのさい、城の守護神として天満宮を勧請する。
    • 別説では、1350年ころには創建されたという。
  • 1538年天文7年):沓井城が廃城となる。守護神であった天満宮は地元の人々により祀られ続けたという。
  • 1601年(慶長6年):奥平信昌加納城の築城したさい、現在地に移転する。
  • 1810年文化7年):拝殿が新築される。
  • 1868年明治元年)頃:天満神社に改称する。
  • 1891年(明治24年):濃尾地震の被害を受ける。
  • 1924年大正13年):県社となる。
  • 1945年昭和20年):岐阜空襲で拝殿以外のほとんどの建物を焼失する。
  • 1948年(昭和23年):本殿を再建する。このころ、加納天満宮と改称する。
  • 2003年平成15年)10月:本殿を新築する。戦後途絶えていた山車曳航を加納天満宮天神まつりとして復活する。

行事[編集]

  • 6月30日:みそぎ祭り
  • 7月14日:提灯祭り(津島神社)
  • 10月:例祭

境内[編集]

  • 拝殿:1810年(文化7年)
  • 本殿
  • 津島神社
  • 稲荷神社

所在地[編集]

  • 岐阜市加納天神町4丁目

交通機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 市指定文化財一覧”. 岐阜市. 2013年4月20日閲覧。