割ヶ嶽城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
割ヶ嶽城
長野県
割ヶ嶽城主郭部
割ヶ嶽城主郭部
別名 割ヶ岳城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 ?
築城年 室町時代
指定文化財 なし

割ヶ嶽城(わりがたけじょう)は、長野県上水内郡信濃町大字富濃の「城山」に築かれた中世から戦国時代日本の城山城)。

概要[編集]

野尻湖に近く、飯山(飯山市)、柏原(信濃町)、牟礼(上水内郡飯綱町)、三水(同)などに通じる要衝の地である。築城者や築城年代など、その詳細は不明である。上杉謙信方に属する城であったが、謙信が関東で北条氏康と戦っている最中の1561年永禄4年)4月、甲斐国武田信玄によって攻め落とされたという史料がある。

その際に、信玄の重臣である原虎胤が負傷したとされる。これによって虎胤は、直後に勃発する川中島の戦いに参戦できず、信玄はそれに代わって山本勘助参謀に起用したと伝わっている(『甲陽軍鑑』)。城址は、現在でも遺構が残り、いくつかの曲輪空堀などが見られる。しかし、高度な縄張りではなく、戦国時代(上杉氏武田氏の攻防)以降は廃城になったものと考えられる。

関連項目[編集]