利根忠博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

利根 忠博(とね ただひろ、1945年(昭和20年)9月3日[1] - )は、埼玉県出身の実業家。これまでに埼玉りそな銀行社長、会長[2]埼玉経済同友会副代表幹事。社団法人埼玉県法人会連合会会長。 埼玉りそな産業協力財団理事。社団法人埼玉県経営者協会会長。埼玉県立大学理事長などを歴任している。[3]

来歴・人物[編集]

開成高等学校を経て早稲田大学政治経済学部を卒業後、1969年4月に埼玉銀行に入社、2002年8月に旧あさひ銀行の埼玉県内店舗を引き継ぐ形で誕生した埼玉りそな銀行の初代代表取締役頭取に就任[4]、2006年6月に同会長に就任、2009年4月に同職を退任した[5]。2010年4月1日より2014年3月まで公立大学法人となった埼玉県立大学[6]の初代理事長に就任していた。

2006年1月1日の元旦テレビ埼玉の「新春特別番組」で上田清司埼玉県知事と対談している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 対談「ゆとりとチャンスの埼玉づくり」”. 埼玉県 (2010年3月19日). 2010年10月18日閲覧。
  2. ^ 理事長からのメッセージ”. 埼玉県立大学. 2010年10月18日閲覧。
  3. ^ 県内6金融機関と埼玉県立大学が産学連携協力の覚書を締結”. 埼玉県立大学 (2010年7月6日). 2010年10月18日閲覧。
  4. ^ 埼玉りそな銀行役員の人事異動について”. 埼玉県 (2009年4月14日). 2010年10月18日閲覧。
  5. ^ りそな銀社長に岩田氏 埼玉りそな銀は上条氏”. 共同通信 (2009年4月13日). 2010年10月18日閲覧。
  6. ^ 公立大学法人埼玉県立大学の設立について”. 埼玉県 (2010年3月26日). 2010年10月18日閲覧。
先代:
(新設)
埼玉りそな銀行頭取/社長
2002年 - 2006年
次代:
川田憲治