出光裕治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出光 裕治(いでみつ ゆうじ)は、日本実業家。第6代出光興産代表取締役社長。第6代日本プラントメンテナンス協会会長。第16代石油連盟会長。

人物・経歴[編集]

出光興産創業者出光佐三兄雄平の次男。九州大学法文学部経済科卒業。マルクス経済学高橋正雄ゼミ出身。1993年から出光興産社長を務めた[1][2][3]。1994年日本プラントメンテナンス協会会長[4]。1995年には出光興産からは出光計助石田正實に続き3人目となる石油連盟会長に就任[5][6]。1998年出光興産相談役に退いた[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 往時を思い出すままに 朝日新聞特別顧問 箱島 信一氏 1962(昭和37)年卒平成21年5月15日 九州大学経済学部同窓会報 第46号
  2. ^ a b 社史(沿革)出光興産
  3. ^ 出光創業家、反対譲らず 社長と会談、平行線 合併問題=訂正・おわびあり朝日新聞デジタル
  4. ^ 「沿革」公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会
  5. ^ 「石油連盟 新会長に月岡氏 「選ばれる石油産業目指す」」燃料油脂新聞2018年5月29日更新
  6. ^ 「歴代会長」石油連盟
先代:
出光昭介
出光興産社長
1993年 - 1998年
次代:
出光昭
先代:
大和田国男
日本プラントメンテナンス協会会長
1994年 - 1996年
次代:
萩原晴二