内川芳美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内川 芳美(うちかわ よしみ、1926年8月28日 - 2004年11月17日[1])は、日本マス・コミュニケーション研究者[2]。マス・メディア史、マス・コミュニケーション史の分野において『マス・メディア法政策史研究』(1989年)に代表される業績を残した[3]。また、放送制度研究にも業績を残し[4]2004年には「『20世紀放送史』編集への指導・助言」などを理由にNHK放送文化賞を受賞した[5][6]

人物[編集]

佐賀県生まれ。1948年東京大学法学部を卒業し、大学院(旧制)に進んで岡義武に師事した[3]1949年5月31日東京大学新聞研究所が設立された後、8月30日付で助手に採用され、以降、1954年に助教授、1964年に教授と昇任した。1971年から1974年まで、新聞研究所所長も務め、1987年に定年退官した[7]。退官後は、東京大学名誉教授の称を受けるとともに、成蹊大学文学部教授となり、文学部長[6]を務めた後、1995年に退職[8]

研究職の傍ら、映画倫理管理委員会委員、放送文化基金理事[9]日本放送協会監事[8]などの公職も務めた。

内川の死後、日本マス・コミュニケーション学会は、遺贈された資金により「内川芳美基金」を設け[10]、優れたマス・メディア研究の著作を対象に、2007年度から隔年で「内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞」を贈っている[11]

代表的著作[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 春原昭彦「内川さんと学会—学会をめぐる内川さんとの思い出」『マス・コミュニケーション研究』第67号、日本マス・コミュニケーション学会、2005年7月31日、 3頁、 NAID 1100029542902011年6月22日閲覧。
  2. ^ 共同通信 (2004年11月21日). “内川芳美氏死去 東京大名誉教授”. 47 News 
  3. ^ a b 有山輝雄「内川芳美先生を偲ぶ」『マス・コミュニケーション研究』第67号、日本マス・コミュニケーション学会、2005年7月31日、 6頁、 NAID 1100029542912011年6月22日閲覧。
  4. ^ 有山輝雄「内川芳美先生を偲ぶ」『マス・コミュニケーション研究』第67号、日本マス・コミュニケーション学会、2005年7月31日、 7頁、 NAID 1100029542912011年6月22日閲覧。
  5. ^ 日本放送協会 放送文化賞”. 日本放送協会. 2011年6月22日閲覧。
  6. ^ a b 成蹊大学成蹊ニュース2003 内川芳美元成蹊大学文学部長がNHK放送文化賞を受賞されました。(2004年3月5日)”. 2011年6月22日閲覧。
  7. ^ 「新聞研究所・社会情報研究所 年表 昭和24年 - 平成11年(1949 - 1999)」『東京大学社会情報研究所紀要』第58号、1999年、 177-201頁。
  8. ^ a b 平成11年度業務報告書 -資料32- 監事の経歴”. 日本放送協会. 2011年6月22日閲覧。
  9. ^ 広告人「吉田秀雄」から学ぶもの (PDF) 」 『アド・スタディーズ』第6巻秋、吉田秀雄記念事業財団、2003年11月25日、 29頁、2011年6月22日閲覧。
  10. ^ 鶴木眞、鈴木雄雅覚え書き(内川基金の設置と運用について) (PDF) 」 『マス・コミュニケーション研究』第67号、日本マス・コミュニケーション学会、2005年7月31日、 10頁、2011年6月22日閲覧。
  11. ^ 内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞について”. 日本マス・コミュニケーション学会. 2011年6月22日閲覧。
  12. ^ 和田洋一「現代史資料(みすず書房) 内川芳美『マス・メディア統制』1・2, 掛川トミ子『思想統制』, 奥平康弘『治安維持法』」『新聞学評論』第27号、日本新聞学会、1978年6月30日、 123-127頁、 NAID 110002772557

関連項目[編集]

  • 小野秀雄 - 東京大学新聞研究所設立時の所長