内山康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内山 康(うちやま やすし、昭和6年(1931年)1月13日[1] - 平成4年(1992年)8月25日)は、広島県出身の実業家レーザーテック株式会社の創業者。

経歴[編集]

昭和6年(1931年)広島県に生まれる。1948年旧制修道中学校(現修道中学校・修道高等学校)を卒業。修道中学校の同級生に日本画家の平山郁夫がいた[2]。1951年広島工業専門学校(現広島大学工学部)を卒業。その後肺結核を患い、国立広島療養所(現国立病院機構東広島医療センター)で5年間闘病生活を送ったのち、臨時雇いで松下通信工業に就職、無線部でX線テレビの開発にかかわった[3][4]。1960年、日本自動制御株式会社を設立。1976年に大規模集積回路(LSI)フォトマスク欠陥検査装置を、1985年に走査型カラーレーザー顕微鏡を世界に先駆けて開発・販売し、同社は急成長した[5]。1986年社名をレーザーテック株式会社に変更。1992年8月25日、61歳で逝去[6]。その後も同社は成長を続け、2013年東京証券取引所市場第一部に上場した[7]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、194頁。
  2. ^ 日本経済新聞1991年4月22日36頁
  3. ^ 日本経済新聞1990年2月1日28頁
  4. ^ 朝日新聞神奈川県版1991年5月2日
  5. ^ 日本経済新聞1983年4月9日22頁
  6. ^ 日本経済新聞1992年8月26日15頁
  7. ^ レーザーテック株式会社 会社沿革

関連項目[編集]