内倉信吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内倉 信吾
うちくら しんご
生年月日 (1944-05-05) 1944年5月5日(77歳)
出生地 宮崎県西臼杵郡高千穂町
出身校 宮崎県立高千穂高等学校
前職 地方公務員(高千穂町)
称号 旭日双光章

当選回数 3回
在任期間 2007年1月19日 - 2018年1月18日
テンプレートを表示

内倉 信吾(うちくら しんご、1944年5月5日 - )は、日本政治家宮崎県高千穂町長(3期)。

概要[編集]

宮崎県西臼杵郡高千穂町生まれ。宮崎県立高千穂高等学校卒業。1962年高千穂町役場に奉職、税務課長・財政課長・収入役などを歴任。

2007年1月、特別職報酬の引き下げ、農林業の振興、少子化対策として産科通院費の助成などを公約に掲げ、町長に初当選。

2020年、旭日双光章受章[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』号外第230号、令和2年11月4日
先代:
黒木 睦郎
Flag of Takachiho, Miyazaki.svg 宮崎県高千穂町
2007年 - 2019年
次代:
甲斐宗之