六甲丸 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
六甲丸(初代)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本(1969-1990)
タイ王国の旗 タイ(1990-1997)
所有者 関西汽船(1969-1990)
運用者 関西汽船(1969-1990)
建造所 日本鋼管清水造船所
母港 大阪
姉妹船 生駒丸 (初代)
IMO番号 6925599
改名 六甲丸(1969-1990)
KING CRUISER(1990-1997)
経歴
進水 1969年
竣工 1969年
就航 1969年11月
運航終了 1990年
最後 1997年5月4日プーケット沖で沈没
要目
総トン数 2,822 トン
全長 83.0 m
25.0 m
深さ 8.0 m
機関方式 ディーゼル
主機関 ダイハツ 8DSM26 4基
推進器 可変ピッチプロペラ 2軸
出力 (就航時)6,400 PS
(換装後)10,000 PS
航海速力 18.5ノット
旅客定員 730名
テンプレートを表示

六甲丸(ろっこうまる)は、関西汽船が運航していたフェリー。本項目では1969年に就航した初代を取り扱う。

概要[編集]

1969年11月、ジャンボフェリーの運行開始にあたって、同型船の生駒丸 (初代)とともに就航した。就航当時、日本最大級の双胴船であった。

1973年5月19日四国中央フェリーボートせとうち播磨灘を航行中、機関室火災を起こして沈没した。付近を航行中だった本船は救援に駆けつけ、総員退船した乗員乗客を救助した[1]

1990年六甲丸 (2代)生駒丸 (2代)の就航により、生駒丸(初代)とともに引退した。

その後、海外売船され、タイKING CRUISERとして就航したが、1997年5月4日プーケット沖のアンダマン海サンゴ礁に衝突して沈没、乗客約800名は全員救助された。沈没地点は、アネモネリーフと呼ばれるダイビングスポットで、現在は沈船となった本船もダイビングスポットとなっている。

就航航路[編集]

阪神高松ジャンボフェリー

加藤汽船との共同運航で、本船と同型船の生駒丸 (初代)、加藤汽船のりつりん (初代)こんぴら (初代)の4隻で1日10便、航海時間4時間10分で運航していた。

設計[編集]

竣工時、主機は1,600PSのディーゼル機関4基だったが、出力がやや過小で延着対策のため、1978年に2,500PS×4基に換装された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “カーフェリー「せとうち」の火災による沈没事故に関する件”. 第71回国会 交通安全対策特別委員会 第5号. 国立国会図書館. (1973-06-15). https://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/071/1580/07106151580005c.html 2016年5月15日閲覧。