六人部登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

六人部 登(むとべ のぼる、1926年(大正15年)5月8日 - 2004年(平成16年)5月2日[1])は、日本モデルガンデザイナートイガンデザイナー)で、デザイナー個人の名前で語られる事の少ない遊戯銃業界では稀有の存在として知られる。 既に故人であるが、彼の設計したモデルガンエアソフトガンは現行製品として発売が継続されているものも少なくない。 トイガンとしての作動性能よりも実銃の外観、メカニズムの再現性を重視する作品が多いのが特徴であり、作動性能を重視するトイガンデザイナー小林太三の作品とは趣きが異なる。両者の作品は時に同一モデルの競作となる場合もあり、デザイナーの違いによる重きを置く部分の差異が顕著に表れる結果となった。なお、両者は良きライバルとして個人的にも友好が深かった事が広く知られている。

来歴[編集]

中田商店モデルガン設計開発の後、六研設立。フリーのモデルガンデザイナーとなる。

年表[編集]

  • 1926年 - 京都府京都市東山区に生まれる。(1926年5月)
  • 1945年 - 絵画専門学校(校名不明)を卒業。
  • 1945年 - 旧日本軍7638部隊入隊。(1945年5月)
  • 1945年 - 終戦により除隊。(1945年8月)
  • 1945年 - 西陣織、塗装、木彫を職とする。
  • 1950年 - タンゴミュージシャンとして活動。
  • 1962年 - 中田商店入社。モデルガン設計を行う。
  • 1967年 - 中田商店から独立。六研設立。
  • 1971年 - 法規制によりハンドガンは全て銃腔閉塞に変更。
  • 1977年 - 法規制により六研名義のモデルガン製造中止。
  • 2004年 - 死去。77歳没。(2004年5月2日)

作品[編集]

その他、多数

著作[編集]

  • 『モデルガンチューンナップ講座』(Gun (雑誌)) - ペンネームはロック戸部。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.caw.co.jp/news/coffee-time/050218.html (公式には没年未公表とされているが、一部のウェブサイトやメールマガジンでは訃報として年月日が記載されていた)

外部リンク[編集]