全国農民党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
National Peasant Party
Nemzeti Parasztpárt
First leader Péter Veres
Last leader Károly Dobszay
創立 29 June 1939 (1st)
31 October 1956 (2nd)
11 June 1989 (3rd)
解散 1949 (1st)
4 November 1956 (2nd)
15 June 1998 (3rd)
機関誌 Szabad Szó
政治的思想 Agrarianism
Agrarian socialism
Left-wing populism[1]
政治的立場 Left-wing
Most MPs
42 / 498
(June 1945)
36 / 364
(November 1947)
党旗
File:Flag of the National Peasant Party (Hungary).svg

全国農民党(ぜんこくのうみんとう、ハンガリー語: Nemzeti Parasztpárt)は、かつてハンガリーで存在しハンガリー人民共和国の成立と共に解党した社会主義政党である。

歴史[編集]

全国農民党の党首ローヒュ・ナルティ1918年にハンガリー評議会共和国が建てられた時に共産主義に傾倒し独自の政治活動を行った。

その後第二次世界大戦が勃発しハンガリーでもファシズムの風潮が高まるとナルティの活動はホルティ政権矢十字党に弾圧された。

ナルティは生き残る為の選択として国家主義的な左翼政党の創設を目標に掲げ何度も弾圧から逃れた。

終戦後ハンガリーはソビエト連邦軍に占領され社会主義国の創設に向けて改革される。

1946年に全国農民党が右派的社会主義政党を掲げて創設され社会民主党などと協力するも、社会民主党と共産党が合併してできたハンガリー勤労者党に解党された。

解党後[編集]

全国農民党の解党後はその党員の多くがハンガリー勤労者党に流れたが一党独裁制には反対し旧党員達はハンガリー動乱においても活発的に活動していた。

そのため彼らは党内は勿論、国内では右派的と見られていた。

参考文献[編集]

  • ハンガリー人民共和国史-東側の穏健派-

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ “An Attempt at a New, Democratic Start.” Hungary 1944-1953, Lesson 1. The Institute for the History of the 1956 Revolution, [1]