全国珠算教育連盟主催暗算検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国珠算教育連盟主催暗算検定(ぜんこくしゅざんきょういくれんめいしゅさいあんざんけんてい)とは全国珠算教育連盟が主催する暗算検定である。主に全珠連暗算検定と略される。文部科学省後援。

概要[編集]

普通の暗算ではなく、そろばんを脳内に浮かべそのそろばんをはじくというものである(珠算のやり方とちがう点もある)。開催日は概ね奇数月最終日曜日である。 全級位および段位にて乗算、除算、見取算の3科目であり、制限時間はそれぞれ3分である。

級位および段位[編集]

段位[編集]

全国珠算教育連盟主催珠算検定と同じように準初段、初段、弐段というように十段まである。

  • 段位は全国珠算教育連盟主催珠算検定と同じように、準初段から初段、準弐段、弐段というように十段まである。
  • 試験は各段位で共通で、得点によって準初段から十段までに判定される。前2回までの最高点によって段位の判定がされる。
  • 段位の合格判定は全審査種目の点数で行う。
  • 合格基準は以下のとおりである。
段位合格基準
段位 点数
準初段 70点
初段 80点
準弐段 85点
弐段 90点
準参段 95点
参段 100点
準四段 105点
四段 110点
準五段 115点
五段 120点
準六段 125点
六段 130点
七段 140点
八段 150点
九段 170点
十段 190点

十段最年少記録

最高位である十段は合格率1%未満と言われているが、十段合格の最年少記録は6歳11ヶ月となっている。

級位[編集]

1級から10級まである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]