全国手すき和紙連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国手すき和紙連合会(ぜんこくてすきわしれんごうかい)は、全国の手漉き和紙業者の結束と振興を図るために、1963年(昭和38年)に島根県松江市で創設された団体[1]。略称は全和連(ぜんわれん)。

明治時代以降の抄紙機普及のため、急速に数を減らした手漉き和紙職人の技術維持と向上のために、定期的に意見交換を行う目的をもって創設された[1]。創設以降毎年行われている定期総会・全国研修会の開催地は、日本国内の各手漉き和紙産地で持ち回りとなっている。

概要[編集]

  • 所在地 - 〒915-0232 福井県越前市新在家8番44号 福井県和紙工業協同組合内
  • 会長 - 五十嵐康三
  • 会員

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 全国手すき和紙連合会の概要 - 全国手すき和紙連合会 2016年11月14日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]