依藤宗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よりふじ むねこ[1]
依藤宗子
プロフィール
出身地 兵庫県西宮市
瞳の色 ブラウン[2]
毛髪の色 ブラック
公称サイズ(1957時点)
身長 / 体重 165 cm / 53 kg
BMI 19.5
スリーサイズ 89 - 55 - 92 cm
活動
ジャンル ファッション
備考 ミス・ワールド・ジャパン1957
他の活動 女優
モデル: テンプレート - カテゴリ

依藤 宗子(よりふじ むねこ)は、日本のファッションモデル、女優である。1957年昭和32年)のミス・ワールド・ジャパン(ミス・ワールド日本代表)に選ばれ、世界大会で第5位に入賞した。前年に日本から初出場して第4位[3]となった戸倉緑子に続き、日本は2年連続の入賞となった。

来歴・人物[編集]

1936年頃、兵庫県西宮市に生まれる[1]

武庫川学院女子短期大学を卒業し、ファッションモデルとして活動した[4]

1957年6月、21歳のとき、“ミスコンの日本代表を選ぶ大会”[5]大阪府代表として出場。産経新聞関係者から勧められて応募したもので、応募の事実は最初のうちは周囲に隠していたが、ミス大阪候補になって写真が報道されて発覚[6]

第2代のミス・ワールド日本代表に選ばれ[7]、同年10月にイギリスロンドンで行われた第7回世界大会に出場。優勝したミス・フィンランドマリタ・リンダールらに次いで第5位に入賞した[2]

この年の大会には23か国が参加した。前年と同様、日本は中東を除くアジアで唯一の参加国であり、依藤も着物姿に加えて、水着審査では身長165センチメートル(cm)、体重53キログラム(kg)、スリーサイズ89-55-92 cmと前年の戸倉に劣らないスタイルを披露した[4]

その後はファッションモデルから大映の女優に転じ[4]、『花の大障碍』などに出演した。

フィルモグラフィ[編集]

  • 1959年
    • 旅情 - 空港のホステス 役[8]
    • 花の大障碍 - たか 役[9]
    • 氾濫 - たか子の同級生B 役[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b ミス・ワールド第七回(1958年度)『中部日本新聞』1959年6月8日夕刊3面
  2. ^ a b Muneko Yorifuji”. pageantplanet.com. 2021年5月16日閲覧。
  3. ^ 2021年現在歴代ミス・ワールド・ジャパンの最高順位
  4. ^ a b c 「依藤宗子 思い出の記」『週刊サンケイ』第8巻第29号、扶桑社、1959年、 46頁、 doi:10.11501/1809539
  5. ^ この年はミス・ユニバースとミス・ワールドの代表を一つの舞台で選んだ
  6. ^ 「人物双曲線 ミス・ユニバースとミス・ワールド」『週刊朝日』、朝日新聞社、1957年、 80頁。(昭和32年6月23日号)
  7. ^ ミス・ユニバース大谷さん ミス・ワールド依藤さん『朝日新聞』1957年6月10日7面
  8. ^ 旅情(1959)”. moviewalker.jp. 株式会社ムービーウォーカー. 2021年5月16日閲覧。
  9. ^ 花の大障碍”. moviewalker.jp. 株式会社ムービーウォーカー. 2021年5月16日閲覧。
  10. ^ 氾濫(1959)”. moviewalker.jp. 株式会社ムービーウォーカー. 2021年5月16日閲覧。