作業研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

作業研究(さぎょうけんきゅう、work study)とは、作業測定(狭義)と方法研究の手法を併せて用いることによって、投入資源を有効活用し、システムの生産性向上を目指す活動の総称。投入資源は、人、物、設備、情報などである。

work study は、狭義のメソッドエンジニアリング (method engineering) とほぼ同義であり、ともに作業研究と訳される。オールドIEと呼ばれることもある。

作業測定、方法研究、作業研究に、方法設計を加えた4つを包含したエンジニアリングアプローチが、広義のメソッドエンジニアリングである。

1930年ごろ、A. H. Mogensen が作業単純化を提唱し、それまでの作業測定、方法研究との相乗効果によって、生産現場の作業改善が急速に進展した。

同時期に、Harold B. Maynard が、時間研究動作研究を結合したメソッドエンジニアリングを初めて提唱した。

関連項目[編集]