サーブリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サーブリッグから転送)
移動: 案内検索
18 サーブリック。

サーブリック (Therblig) は、フランク・ギルブレスリリアン・ギルブレスが考案した、手作業の最小単位である18種類の動作 (motion)。1915年にフランク・ギルブレスが考案したときは、16種類の動作だった[1]

サーブリックは、考案者ギルブレスの英語の綴り Gilbreth を逆から読んだもの(ただし、語尾の th は一体としている)[2]

18の基本要素[編集]

ギルブレスは、建設業のレンガ積み作業の動作研究などを通じて18の基本要素を定めた。それらの動作を3つに分類している。

第1類[編集]

主として上肢で行い作業に必要な8動作

  • 延ばす
  • つかむ
  • 運ぶ
  • 放す
  • 位置を決める
  • 使用する
  • 組み立てる
  • 分解する

第2類[編集]

主として感覚器官、頭脳で行い作業を遅らせる5動作

  • 探す
  • 選ぶ
  • 調べる
  • 考える
  • 用意する

第3類[編集]

作業に不必要な5動作

  • 見出す[3]
  • つかみ続ける
  • 避け得ぬ遅れ
  • 避け得る遅れ
  • 休む

脚注[編集]

  1. ^ Frank B. Gilbreth, "Motion Study for the Crippled Soldier", Journal of the American Society of Mechanical Engineers, December 1915, p. 671.
  2. ^ アメリカ人の発音では、Therblig の最後の g は清音の「ク」に近い。
  3. ^ 「見出す」は「探す」と同義であり、ほとんど使われない。これを除けば、基本要素は17になる。

関連項目[編集]