佐野屋喜兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐野屋 喜兵衛(さのや きへえ、生没年不詳)は江戸時代地本問屋

来歴[編集]

喜鶴堂、佐野喜と号す。姓は奥村。享保[1] から慶応年間に日本橋平松町、芝神明前三島町長兵衛店で営業している。歌川広重歌川国芳渓斎英泉らの錦絵などを出版している。

作品[編集]

  • 歌川広重 『江戸名所』
  • 歌川広重『花鳥』 短冊判
  • 歌川広重『富士川上流の雪景』
  • 歌川広重『不二三十六景』
  • 歌川広重『東都名所』横大判 錦絵揃物 天保
  • 歌川広重『江戸近郊八景之内』横大判 錦絵揃物 天保8年頃
  • 歌川国芳 『駒形の朝霧』
  • 渓斎英泉 『浮世美人十二ヶ月』
  • 渓斎英泉『今様美人競』 大判 錦絵揃物 文政中期
  • 2代歌川広重 『新吉原仲の町』

脚注[編集]

  1. ^ 『浮世絵の基礎知識』は宝暦からとする。

参考文献[編集]