佐藤雪夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 雪夫(さとう ゆきお、1901年5月7日 - 1931年12月21日)は、日本翻訳家、雑誌記者。群馬県室田町(現高崎市)出身。

東京神田の順天中学校を卒業後、1924年東京外国語学校イタリア語科卒業。同年5月に発行された文芸雑誌「南歐文學」の編集人を務め、イタリア文学紹介、翻訳などで活躍した。同誌の発行元は三田書房、発行人は甲斐田イヨ。南ヨーロッパの文学を紹介・研究することを目的とし、原語からの翻訳やエッセイなどが掲載された。全2冊で、1号は同年5月に発行され、巻頭にポール・クローデルの肖像と題字「水に聴く」を掲載。2号は翌6月の発行[1]

1925年キネマ旬報社に編集部員として入社し、映画評論脚色等で活躍した。1927年には日本最初のトーキー映画黎明」(小山内薫監督、築地小劇場製作、昭和キネマ提供)の製作に原作として[2]参加。1930年には日本キネマ製作「昨日の薔薇」(岡田三郎監督)の脚色を手がけた。

1931年12月21日に死去。

翻訳等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 剣持武彦「南欧文學」、日本近代文学館編『日本近代文学大事典』第五巻、p299。講談社、1977年11月18日
  2. ^ 国際情報社『劇と映画』昭和2(1927)年10月号。本誌にはページ番号が打たれていないのでページ数不明
  3. ^ NDLOPACの検索結果. “カヴァッレリイア・ルスティカアナ”. 2016年1月26日閲覧。
  4. ^ NDLOPACの検索結果. “世界短篇小説大系 南欧・北欧篇”. 2016年1月26日閲覧。
  5. ^ NDLOPACの検索結果. “世界戯曲全集 第38巻”. 2016年1月26日閲覧。
  6. ^ NDLOPACの検索結果. “世界戯曲全集 別冊 (世界戯曲史)”. 2016年1月26日閲覧。