佐藤豊三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 豊三郎(さとう とよさぶろう、1912年5月19日[1] - 1999年9月11日[2])は、日本の経済学者。

愛知県出身。名古屋高等商業学校卒。横浜市立大学助教授、教授。1978年定年退官、名誉教授[3]

著書[編集]

  • 『近代経済学入門』夏目書店 1948
  • 『経済学の新しいつかみ方 国民経済の社会的構造』東洋経済新報社 1949
  • ヒックス経済学研究 選択理論と一般均衡理論』実業之日本社 1949
  • 『新らしい経済学』評論社 1950
  • 『経済学』税務経理協会 1956
  • 『近代経済学概論』評論社 1957

共著・監修[編集]

  • 『重要商品学概論』松永義明共著 創生社 1943
  • 『経済入門 図解式 改訂版』一杉哲也共監修 評論社 1968
  • 『図解式日本経済入門 その現状と理論的基礎』共著 評論社 1975
翻訳
  • H.W.スピーゲル編『経済思想発展史 第5 近代経済学』越村信三郎共監訳 東洋経済新報社 1955

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 佐藤豊三郎教授略歴・研究業績 (佐藤豊三郎教授退官記念号)横浜市立大学論叢 社会科学系列 1978-03