佐藤正敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤正敏(さとう まさとし、1949年3月2日 - 2015年11月5日[1][2])は、日本の経営者。NKSJホールディングス会長。東京都出身。

人物[編集]

損害保険ジャパン社長就任後には、CSRに積極的に貢献する経営方針を打ち出し、特に環境問題については干ばつによるタイの農地荒廃を防ぐ途上国向けのマイクロインシュアランスを開発した。また、損保ジャパン環境財団理事長として市民向けの公開講座など環境教育にも力を入れていた。

損害保険ジャパンと日本興亜損害保険の経営統合を主導。2010年にNKSJホールディングスを発足させた[2]

損保ジャパン環境財団、損保ジャパン美術財団、損保ジャパン記念財団の理事長として、社会貢献活動に携わっており、特に小中学校を対象にした損保ジャパン東郷青児美術館での「対話型鑑賞教育支援活動」に力を入れていた。

従四位旭日重光章受章。[3]

来歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元NKSJホールディングス社長の佐藤正敏さん死去 朝日新聞 2015年11月9日
  2. ^ a b c d “佐藤正敏氏が死去 元NKSJホールディングス社長”. 日本経済新聞. (2015年11月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H6P_Z01C15A1CC0000/ 2015年12月8日閲覧。 
  3. ^ 平成27年12月14日官報
  4. ^ 47NEWS 損保6社、3グループに再編 市場縮小で海外に活路 『共同通信』2010年4月1日
  5. ^ NKSJ、佐藤・兵頭氏の退任発表 『日本経済新聞』2012年5月19日