佐藤庄助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤庄助
さとう しょうすけ
生年月日 1876年10月4日
出生地 日本の旗 日本 水沢県栗原郡有馬村有壁
(現宮城県栗原市金成有壁)
没年月日 (1944-10-25) 1944年10月25日(68歳没)
出身校 札幌農学校卒業
(現北海道大学)
前職 農業
所属政党 立憲政友会

選挙区 宮城県第5選挙区
当選回数 1回
在任期間 1922年4月 - 1924年1月31日

在任期間 1903年9月 - 1904年6月
テンプレートを表示

佐藤 庄助(さとう しょうすけ、1876年明治9年)10月4日[1] - 1944年昭和19年)10月25日[1][2])は、明治から昭和前期の農業経営者、実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

水沢県栗原郡有馬村有壁(宮城県[2]栗原郡萩野村[1][3][4]金成町を経て現栗原市金成有壁)で、旧有壁宿本陣の佐藤家に生まれた[5]札幌農学校を卒業し[1][2][3][4][5]、さらに慶應義塾[1][2][3][4][5]、養正塾、セントアンドリーチャーチ英語学校で学んだ[1][2]。農業を営む[1]

1896年(明治29年)徴兵され陸軍騎兵少尉となり除隊[1][3]。1903年(明治36年)9月、宮城県会議員に選出された[1]。1904年(明治37年)6月に応召して県議を辞職し、満州軍に属して日露戦争に出征した[1][2][3][4]。陸軍騎兵中尉に昇進して除隊[1][2][4]

1922年(大正11年)4月29日、沢来太郎の死去に伴い実施された第14回衆議院議員総選挙補欠選挙(宮城県第5区、立憲政友会公認)で当選し[1][3][5][6][7][8]、衆議院議員に1期在任した[2][4]

実業界では花泉蒸気取締役に在任し、その他、数社の重役を務めた[1][2][3][4][5]有壁駅の開設に私財を投じ、県道の開設、病院の新設などにも尽力した[1][2][3][4][5]。有壁駅振興会長も務めた[2][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『宮城県議会史 第2巻』付録197-198頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』275頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『宮城県百科事典』420-421頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』197頁。
  5. ^ a b c d e f 『宮城県姓氏家系大辞典』353頁。
  6. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第14回』47頁。
  7. ^ 『総選挙衆議院議員当選回数調』256頁。
  8. ^ 『官報』第2944号、大正11年5月27日。

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第14回』衆議院事務局、1924年。
  • 衆議院事務局編『総選挙衆議院議員当選回数調 - 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 宮城県議会史編さん委員会編『宮城県議会史 第2巻』宮城県議会、1974年。
  • 『宮城県百科事典』河北新報社、1982年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 竹内理三ほか編『宮城県姓氏家系大辞典』角川日本姓氏歴史人物大辞典4、角川書店、1994年。

関連項目[編集]