佐藤儀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TransparentPlaceholder.svg 佐藤 儀一 Golf pictogram.svg
Giichi Sato
基本情報
名前 佐藤 儀一
生年月日 (1899-06-13) 1899年6月13日
没年月日 (1967-07-02) 1967年7月2日(68歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県福山市
経歴
成績
優勝回数 日本アマ合計4回、関西アマ合計8回
テンプレートを表示

佐藤 儀一(さとう ぎいち、1899年明治32年)6月13日 - 1967年昭和42年)7月2日)は、広島県出身のゴルファーゴルフ場設計者。

人物[編集]

佐藤儀一は、1899年明治32年)6月13日、広島県福山市に生まれ、16歳でハワイに渡り、イオラニハイスクール卒業後、カリフォルニア大学美術科で学んだ[1]1930年昭和5年)、大学生の時、プロのジミー・ダンカンに誘われてゴルフを始めた[1]

1931年(昭和6年)、サンフランシスコ市ゴルフ選手権で2位になった[1]1932年(昭和7年)、サンフランシスコ市ゴルフ選手権で優勝、多くの競技大会に参加し、全米パブリックリンク選手権に優勝した[1]。また、全米ゴールドメダル選手権4連覇など活躍し、100以上のアマチュアタイトルを獲得した[1]

サンフランシスコで貿易会社に勤めたが、アメリカでの日本の海外遠征にも浅見緑蔵、安田幸吉、宮本留吉とともに参加している[1]1934年(昭和9年)、帰国し、1935年(昭和10年)、関西アマチュア選手権に優勝、1936年(昭和11年)から1938年(昭和13年)、日本アマチュア選手権大会に3連覇、1941年(昭和16年)、優勝と合計4回優勝した[1]。関西アマアマチュア選手権は、1948年(昭和23年)から1950年(昭和25年)、3連覇を含む計8回の優勝を果たした[1]

廣野ゴルフ倶楽部」のメンバーで、17年連続クラブチャンピオンになっている[1]。その後、1955年(昭和30年)から、コース設計家として活動を始めたが、アメリカでゴルフを経験したこと、また、日本での競技経験したこと、などがゴルフ設計家に進んだ契機になったのだろう[1]。佐藤儀一は、山岳コースの急峻な地形や敷地の狭いコースの設計依頼が多かった[1]。第1打の落下地点は広くして、グリーン廻りでは小さな砲台グリーンへと絞っていき、深いバンカーを巧みに配し、戦略性を持つコース造りを得意とした[1]

佐藤儀一は難易度の高いゴルフ場を数多く残している、2グリーン全盛においても1グリーンが基本デザインであり、メンバーであった廣野ゴルフ倶楽部のアリソンバンカーを模した深いバンカーも特徴である[1]。設計を行ったコースは西日本を中心に25コースの実績がある[1]

主な設計コース[編集]

エピソード[編集]

  • 佐藤儀一は、正確なショットが身上だったことから「フェアウェイ幅は45ヤードで十分」「ボールの落下地点があればいい」という伝説が残されている[2]
  • 佐藤儀一は良くいった、「飛ばすことは20パーセントなり」と、「アプローチの名手」と言われた[2]

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「『アプローチの名手』の設計理念は『ボールの落下地点があればいい』だった」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年3月2日閲覧
  2. ^ a b 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「『アプローチの名手』の設計理念は『ボールの落下地点があればいい』だった」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年3月1日閲覧

著書[編集]

  • 『ゴルフマンスリー』、「オープンの惑星ハリスのゴルフを語る 佐藤儀一、井上栄造、孫士均」、東京 三栄書房、1952年1月、2021年3月1日閲覧

関連文献[編集]

  • 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「『アプローチの名手』の設計理念は『ボールの落下地点があればいい』だった」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年3月1日閲覧