佐藤信一郎 (コピーライター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 信一郎(さとう しんいちろう、1964年12月 - )は日本のコピーライター、フリーライター、アマチュアボクシング指導者。

経歴[編集]

  その後広告代理店数社にいずれも営業職で勤務。   1996年に独立し、ラッキー・スターを創業。   当初は広告代理店として運営するが、   2004年にアマチュアボクシング専門ジム創業と同時に広告制作事務所に業態変更、   自らも営業職からコピーライターに転身、2008年頃からはさらにライターとしての活動も始める。

主な仕事[編集]

著作[編集]

  • 『オリックス・バファローズあるある』(TOブックス、2014年6月15日発売) ISBN 978-4864722667

  『オリックス・バファローズあるある』(2016年9月 電子書籍化)

  • 『それでも僕たちはオリックスバファローズが好きなんだ』(未來書院 2018年6月26日発売 電子書籍)
  • 『やっぱり僕たちはオリックスバファローズが好きなんだ』(未來書院 2019年2月20日発売 電子書籍)
  • 『オリックスバファローズ 令和元年激闘録 前篇』(未來書院 2019年7月8日発売 電子書籍)
  • 『オリックスバファローズ 令和元年激闘録 後篇』(未來書院 2019年10月1日発売 電子書籍)

特筆事項[編集]

  • コピーライターとしてACC賞(ラジオ部門)他、約20回の受賞歴がある。その半数以上はラジオCMでの受賞。
  • 2008年にアダルト系の月刊誌に小説の連載(毎号読み切り)を持ったことがあるが、その雑誌が廃刊となったため連載は4回で終了。(誌名・筆名は不詳)
  • 大阪芸術大学在学中はボクシング部に在籍していたが、漫画家の石山東吉も同大学・同ボクシング部に在籍しており、先輩と後輩の関係にあたる。

出典[編集]

外部リンク[編集]