佐藤まどか (プロダクトデザイナー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 まどか(さとう まどか)は、イタリア在住の日本人ライター、作家プロダクトデザイナー

来歴[編集]

ミラノDOMUS ACADEMY デザイン科に特別奨学生として入学し、同校のマスターコースを卒業。オフィスの垂直化と移動性は当時革新的であり、卒業制作プロジェクトはミラノトリエンナーレで行われた展覧会Incontri di lavoroのメインプロジェクトのひとつとして展示され話題を呼んだ。 1990年にはドメニコ・アンブロジーノとデザインスタジオetazooをミラノに開設、医療器具、時計、家具など様々な分野のデザインを手がける。 画期的な構造によるデザインを得意とし、特許を取得したプロジェクトが多い。カヌー型のコンポ式本棚SHUNはイタリアの日刊紙コリエレ・デ・ラ・セーラをはじめ、世界中の40誌、デザイン関連の書籍などに紹介された。

2000年よりデザインユニット名をambrosino&sato とし、ミラノのサローネサテリテでプロトタイプを発表、様々な媒体に紹介された。同年トスカーナに拠点を移動。現在は主にソファやイージーチェアなどファニチャー分野のデザインを中心に、住宅内装、展示会内装、インテリア小物、時計などをデザインしている。イタリアと日本で展覧会多数。

長年に渡り、デザイン専門誌にイタリアデザイン事情のコラムを執筆。

2006年、第22回ニッサン童話と絵本のグランプリで童話部門大賞受賞。児童文学・YA作家としても活動している。

主な作品に『水色の足ひれ』(BL出版)、『てっこう丸はだれでしょう?』(フレーベル館)。『ダルディラ・アルディラ』(偕成社 アンソロジー『妖精めがねさしあげます』に収録)、『スーパーキッズ―最低で最高のボクたち』(講談社)、「マジックアウト 3部作」(フレーベル館)、『カフェ・デ・キリコ』(講談社)。イタリアの子供たちの現状を書いた『イタリアの子どもたち』(季節風)など、ルポやエッセーも手がける。2012年『スーパーキッズ 最低で最高のボクたち』で第28回うつのみやこども賞を受賞。

日本児童文学者協会会員。季節風同人。

著作[編集]

幼年童話[編集]

  • 水色の足ひれ(第22回ニッサン童話と絵本のグランプリ童話大賞) 2006年 BL出版
  • てっこう丸はだれでしょう? 2009年 フレーベル館

小学校 低・中学年向け読み物[編集]

  • コケシちゃん 2014年 フレーベル館
  • 日がさ雨がさくもりがさ 2016年 フレーベル館
  • スパゲッティ大さくせん 2016年 講談社

YA[編集]

  • スーパーキッズ 最低で最高のボクたち 2011年 講談社(第28回うつのみやこども賞)
  • カフェ・デ・キリコ 2013年 講談社
  • さらば自由と放埓の日々 スーパーキッズ2 2013年 講談社
  • リジェクション  2016年 講談社

ファンタジー[編集]

  • マジックアウト3部作 フレーベル館
  1. アニアの方法 2011年
  2. もうひとつの顔 2012年
  3. レヴォルーション 2013年
  • 魔法職人たんぽぽ 3部作 講談社青い鳥文庫
  1. ファベル学園にようこそ! 2014年
  2. ファベル学園の危機 2014年
  3. 明かされた真実 2015年

アンソロジー[編集]

  • ダルディラ・アルディラ 2011年 偕成社(『妖精めがねさしあげます』に収録)
  • 運命の一時間(SF短編)2015年 偕成社(タイムストーリーシリーズ 『一時間の物語』に収録)

短編[編集]

  • 灰色都市(グレーシティ) 日本児童文学 2013年7・8月号

翻訳[編集]

  • イタリアの絵童話翻訳ぼくのともだちドラゴン ルンピ・ルンピシリーズ 2012年 集英社
  1. たいせつなカーペットさがしの巻
  2. ぜんぶ青い木イチゴのせいだ!の巻
  3. おそろしい注射からにげろ! の巻
  4. わがままはトラブルのはじまりの巻
  • イタリア絵本翻訳 グーグースースー 2016年 そうえん社

外部リンク[編集]