佐竹永邨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐竹 永邨(さたけ えいそん、弘化2年2月23日1845年3月30日) - 大正11年(1922年8月7日)は幕末から大正期南画家。

人物[編集]

旧姓本間。父は本間松蔵(春雄)、母はキソ、名は信、は千畝、通称は竹松。永邨は磐城白河の生まれ。

はじめに馬弓碧潭について画の手ほどきを受け、地元白河の画人蒲生羅漢に師事した。文久年間に江戸に出て佐竹永海に入門。画力を認められ永海の次女[1]の婿となり佐竹家の分家となる。本家の義兄に佐竹永湖

維新後も日本美術協会日本画会正派同志会などの委員となる。明治10年(1877年)、内国勧業博覧会に『山水』を出品した。大正11年(1922年)没、享年78。谷中霊園に墓がある。弟子に石川寒巌山本琴嶺がいる。山岡米華にも画の指導をしている。

作品[編集]

  • 「富士筑波之図」明治41年(1908年)

脚注[編集]

  1. ^ 永海の15人目の妻に生まれた娘

参考文献[編集]

外部リンク[編集]