佐々木義照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 義照(ささき よしてる、1930年 - )は、日本政治家・元地方公務員北海道紋別郡興部町出身。北海道立旭川第二工業学校卒。1971年自治大学校卒。北海道上湧別町町長1981年-1993年)。

経歴[編集]

1967年上湧別町役場に入る。役場に勤めながら、自治大学校に通い、卒業。その後、同町税務課長、総務課長、同町教育委員会委員長などを経て、1981年上湧別町長選に出馬し、初当選。以後、連続3期務めた。1993年に引退。

エピソード[編集]

アメリカ合衆国ケンタッキー州を視察して地元のトウモロコシバーボン・ウイスキーを作るなど行動派の首長として有名。また、畑作酪農流氷観光のみで過疎に悩む上湧別町を1987年漫画による「まちおこし」構想を企画し、1990年日本漫画家協会の協賛を得て「オホーツク国際漫画大賞」を創設し、開催地を上湧別町とする事で町の活性化を図った。

家族[編集]

子息に遠軽町町長の佐々木修一がいる。

参考文献[編集]

『現代政治家人名事典』(日外アソシエーツ編集・発行、1999年