佐々木宗雄 (物理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 宗雄(ささき むねお、1914年-?)は、日本の物理学者。

来歴・人物[編集]

熊本県生まれ。1941年京都帝国大学理学部物理学科卒業。1954年「高エネルギーにおける重水素核の光分解」で東京教育大学理学博士東京文理科大学助手、東京都立大学 (1949-2011)助教授をへて教授、78年定年退官、名誉教授[1]

著書[編集]

共著編[編集]

翻訳[編集]

  • ハイゼンベルク『原子核の物理』 (現代科学叢書) みすず書房 1957
  • ベルヴィッチ『機械の言葉と人間の言葉』 (現代科学叢書) みすず書房 1958
  • アイザック・アシモフ『原子の内幕 百万人の核物理学入門』学習研究社 1966
  • オーレル・ダヴィッド『サイバネティックスと人間』紀伊国屋書店 1969

脚注[編集]

  1. ^ 『物理学 大学理工系』著者紹介