休蘭尸逐侯テイ単于

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「休蘭尸逐侯鞮単于」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

休蘭尸逐侯鞮単于(きゅうらんしちくこうていぜんう、ピンインXiūlánshīzhúhóudīchányú, ? - 93年)は、中国後漢時代の南匈奴単于醢落尸逐鞮単于の子、湖邪尸逐侯鞮単于の弟。休蘭尸逐侯鞮単于というのは称号で、姓は虚連題氏、名は屯屠何という。

生涯[編集]

醢落尸逐鞮単于の子として生まれる。

章和2年(88年)、伊屠於閭鞮単于薨去すると、屯屠何が単于となった。このとき、北匈奴は大いに乱れ、それに飢饉蝗害が加わったので、新降者が続々とやってきた。単于屯屠何は北単于庭(北単于の本拠地)を併合しようと、漢の朝廷に上奏した。漢では章帝崩御し、竇太后が朝政を執っており、竇太后はこの上奏を受けて、執金吾耿秉に相談したところ、耿秉もこれに賛同したので、耿秉を征西大将軍とし、車騎将軍竇憲とともに北伐させることとした。

永元元年(89年)、竇憲と耿秉の4千騎および左谷蠡王師子の万騎は朔方郡の雞鹿塞を出発、南単于屯屠何の万余騎は満夷谷を出発、度遼将軍鄧鴻および縁辺義従の8千騎は、左賢王安国の万騎とともに稒陽塞を出発し、全軍は涿邪山で落ち合った。竇憲は副校尉の閻盤・司馬の耿夔耿譚率いる左谷蠡王師子・右呼衍王須訾らを分けて北単于を稽落山で大破させ、北単于は遁走した。追撃し、私渠比鞮海に至り、名王以下数万3千級を斬首、生口・橐駝(ラクダ)など百余万頭を獲得した。この戦いで温犢須・日逐・温吾・夫渠王の柳鞮ら81部20余万人が投降した。竇憲と耿秉は燕然山に登り、塞を去ること3千余里、そこに記念石碑を建てた。

永元2年(90年)、単于屯屠何はまた上奏して北単于庭を撃滅したいと願い出た。そこで、左谷蠡王の師子らを派遣して、左右両部の8千騎を率いて雞鹿塞から出動させた。使匈奴中郎将の耿譚は従事を派遣して、師子らを指揮援護し、涿邪山に至った。そこで輜重を留置し、軍を二手に分けた。左部は北進して西海を過ぎて河雲の北に至り、右部は匈奴河水より西の天山をめぐって、南進して甘微河を渡り、二軍は合流して、北単于を夜襲して包囲した。北単于は大いに驚き、精鋭千余騎を率いて合戦した。北単于は負傷して、軽騎数十人を連れて逃走した。

永元3年(91年)、北単于がまた右校尉の耿夔に破られ、行方知れずとなったので、代わりにその弟の右谷蠡王於除鞬が立った。

永元5年(93年)、北単于の於除鞬は背いて北に還ろうとしたので、和帝は将兵長史の王輔に千余騎をつけ、使匈奴中郎将の任尚とともに追いかけさせ、戻るようにうまくもちかけ、戻るところを斬殺し、その人民を破滅した。この年、休蘭尸逐侯鞮単于屯屠何は薨去し、従弟の左賢王安国(安国単于)が単于となった。

参考資料[編集]

  • 後漢書』(竇融列伝、南匈奴列伝)