伊香保神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊香保神社
Ikaho-jinja 01.jpg
所在地 群馬県渋川市伊香保町伊香保2
位置 北緯36度29分45.33秒
東経138度54分57.05秒
主祭神 大己貴命
少彦名命
社格 式内社(名神大)・県社兼郷社
創建 天長2年
例祭 9月19日
テンプレートを表示

伊香保神社(いかほじんじゃ)は、群馬県渋川市にある神社である。伊香保温泉を守護する神社。式内社で、旧社格は県社兼郷社上野国三宮とされる。伊加保神社とも書かれる。かつては三宮神社(北群馬郡吉岡町大久保)が本宮だったという。

祭神[編集]

現在の主祭神大己貴命少彦名命の二座で、温泉・医療の神を祭る。

ただし当社が現在の温泉地に移転する以前は、「いかほ」(榛名山も含むこの地域の旧称)の山々を山岳信仰の場とした「いかつほの神」一座が祭神であったとされる。また三宮神社祭神を考慮した説では、十一面観音であるとされる。

歴史[編集]

現在の温泉街内の伊香保神社の由緒では825年天長2年)の創建。旧本社とされる三宮神社は750年(天平勝宝2年)創祀。

六国史初出は『続日本後紀835年承和2年)9月辛未条で、名神に列している。同6年6月甲申に従五位下となり、以後昇階して880年元慶4年)5月25日に赤城神社と並ぶ従四位上となった。

延喜式では名神大社。「上野国交替実録帳」では正一位。上野国三宮。しかし後援豪族が衰退したらしく、中世以後は社勢衰微した。

尾崎喜左雄「伊香保神社の研究」によると、当初の山岳信仰時代には現在地に鎮座しておらず、里宮として今の三宮神社の地に伊香保神社はあったという。また豪族・有馬氏(阿利真公)が祭祀を行い、若伊香保神社のある渋川市有馬に最初は鎮座していたともいう。

少なくとも平安以降に伊香保温泉街へ移転し、温の守護神となった。近世に入ると社号を「温泉神社」と称した。別当寛永年間創建の温泉寺。

1873年明治6年)、社号を「伊香保神社」に戻した。同年9月19日には県社兼郷社となる。

社殿については、1878年(明治11年)3月火事により全焼したため、同時に消失していた摂社の温泉神社(もと医王寺の薬師堂)を1884年(明治17年)合祀してその跡地に現社殿(仮宮)を再建、現在に至る。

関連する神社[編集]

  • 三宮神社(里宮、かつて山岳信仰時代の本宮、上野国三宮)
  • 若伊香保神社(尾崎喜左雄説では、有馬氏が里宮・三宮神社を勧請した際に旧地に存続した社だという)

参考文献[編集]

  • 尾崎喜左雄 「伊香保神社の研究」『上野国の信仰と文化』 尾崎先生著書刊行会、1970年5月
  • 尾崎喜左雄 『上野国神名帳の研究』 尾崎先生著書刊行会、1974年12月

関連項目[編集]