伊藤龍太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤龍太郎
いとう りゅうたろう
生年月日 1911年10月19日
出生地 日本の旗三重県
出身校 京都帝国大学工学部機械学科(現京都大学工学部)卒業
前職 川西市商工会専務理事
称号 勲三等旭日中綬章

当選回数 6回
在任期間 1966年 - 1990年
テンプレートを表示

伊藤 龍太郎(いとう りゅうたろう、1911年明治44年)10月19日[1][2] - 生没不明)は、昭和から平成時代の政治家実業家兵庫県川西市長。

経歴[編集]

三重県出身[1][2]1935年(昭和10年)京都帝国大学工学部機械学科卒業[1][2]大日本紡績に入り、1939年(昭和14年)入隊、1945年(昭和20年)除隊とともに退社[1]

1951年(昭和26年)日本精密機械工作(株)社長、1960年(昭和35年)川西市商工会専務理事などを経て、1966年(昭和41年)以来、川西市長に6選した[3]。ほか、川西市ライオンズクラブ会長を務めた[1]

1990年(平成2年)に引退後、在任当時の建設汚職が発覚[4]住友建設から200万円を受け取った収賄容疑で逮捕された[4]

栄典[編集]

勲章等

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 人事興信所 編 『人事興信録 第28版 上』 人事興信所、1975年。 
  • 日外アソシエーツ 『現代政治家人名事典』 日外アソシエーツ、1999年。ISBN 481691529X